八千代佐倉総合法律事務所は、離婚・相続・交通事故・債務整理・不動産取引・示談交渉・刑事事件・労働・訴訟・独占禁止法、M&A等の企業法務を得意としております。
弁護士が、八千代市・佐倉市・印西市・船橋市・茨城県鹿嶋市にお住いのお客様中心にご相談にのらせていただきます。お気軽にお問合せ、ご相談ください。

交通事故を起こした

ケース
被害者や被害者の保険会社から請求されているが、内容が納得できない。
被害者側から示談書にサインするよう求められているが、サインをしても問題がないものかどうか心配である。
人身事故であったので書類送検されたが、この後私はどうなるのか。

〔取扱例〕 ※実際に取り扱った事件の事例とは限りません。

●示談対応
加害者は、被害者に対し損害賠償義務を負いますが、被害者が主張する一切の損害を賠償しなければならないわけではありません。あくまで法律上適正妥当な損害のみに対して賠償する義務を負います。賠償する損害の内容や過失割合などについて争いがある場合や、示談書が提示された場合には、まずはご相談ください。
●刑事手続き
書類送検は、刑事手続きですので、お客様に対する捜査(取り調べなど)が継続されることになります。最終的に検察官が、お客様を起訴するか又は不起訴とするかを決定します。当事務所は、刑事手続きにおいても豊富な経験を有しております。お客様にとってよりよい結果となるよう尽力しますので、まずはご相談ください。
  • PDF

お問い合わせ