八千代佐倉総合法律事務所は、離婚・相続・交通事故・債務整理・不動産取引・示談交渉・刑事事件・労働・訴訟・独占禁止法、M&A等の企業法務を得意としております。
弁護士が、八千代市・佐倉市・印西市・船橋市・茨城県鹿嶋市にお住いのお客様中心にご相談にのらせていただきます。お気軽にお問合せ、ご相談ください。

離婚

ケース:婚姻中
相手から突然離婚を切り出された。
離婚をしたい。
離婚をするにはどうやればよいのか。
相手と別居中であるが、相手が生活費を払ってくれない。
親権とは何か。親権を持ちたいのだが。
養育費は、どのくらいの金額をいつまで支払うことになるのか。
財産分与とは何か。
どの財産が財産分与の対象になるのか。
慰謝料はどんな場合に発生するのか。
どのくらいの金額になるのか。
どんな理由で離婚が認められるのか。
こんな理由で離婚ができるのか。
離婚の話し合いで、相手と直接顔を合わせるのが怖い。冷静な話し合いにはならない。

〔取扱例〕

※実際に取り扱った事件の事例とは限りません。

●離婚協議の代理
お客様の代理人として、相手との間で、離婚やそれに伴う子供の問題及びお金の問題を協議します。お客様が相手と直接顔を合わせることなしに協議を進めることができます。
●離婚調停・離婚審判・離婚裁判代理
お客様の代理人として、お客様の言い分や主張を法律上の主張に整理して、調停、審判および裁判の場に出頭し、主張します。
離婚は、当事者間の合意のみ(離婚届の提出)で成立しますが、子供やお金の問題について、合意した内容どおりに相手が行わない場合の手当てはしっかりされていますか。たとえば、養育費について、万一、支払ってもらえない場合にはどうするのでしょうか。そのような場合を想定して、養育費の支払いを強制的に受けることができるようにしておくことが安心です。当事務所には、お客様の利益のために、精いっぱいの支援をする準備があります。まずは、無料法律相談をご利用ください。
ケース:発生後
離婚時の財産分与の額が少なすぎたが、
後になって請求することができるのか。
離婚時に取り決めた養育費の額が、事情の変化により実態に合わなくなってしまった。養育費の額を変更できるのか。
養育費が支払われなかった。
養育費をいらないと言ったが、
後から考えれば必要であった。
今からでも、養育費の支払いを受けることが可能か。
相手が子供に会わせてくれない

〔取扱例〕

※実際に取り扱った事件の事例とは限りません。

●離婚後の財産分与
離婚後においても財産分与を請求することができます。但し、離婚後2年を経過すると請求をすることができなくなります。
●養育費の額の変更
離婚後において、経済状況に変動が生じた場合には、養育費の増減をすることができます。また、当初養育費を支払われていなかった場合でも、後になってから養育費を請求することもできます。
●養育費についての強制執行
養育費について、万一支払われなかった場合においても、たとえば調停で離婚が成立し、養育費を支払う義務が定められた場合や、協議離婚であっても養育費について強制執行をすることを認める文言がある公正証書による場合では、養育費についても強制執行することができます。
●面接交渉権の実現
子供を引き取らなかった方も、相手方が引き取った子供と会う権利が原則として認められます。
  • PDF
  • PDF

お問い合わせ