八千代佐倉総合法律事務所は、離婚・相続・交通事故・債務整理・不動産取引・示談交渉・刑事事件・労働・訴訟・独占禁止法、M&A等の企業法務を得意としております。
弁護士が、八千代市・佐倉市・印西市・船橋市・茨城県鹿嶋市にお住いのお客様中心にご相談にのらせていただきます。お気軽にお問合せ、ご相談ください。

相続・遺言

ケース:発生前
相続手続きが難しくて理解できない。
相続全般について、気軽に相談できる相手がほしい。
将来、相続人間で争いになりそうなので、これを避ける方法を探したい。
私の相続分はどうなるか。
相続させたくない者がいる。
遺言書はどうやって作ればよいのか。ちょっとでも、形式がおかしいと遺言書が無効になると聞いたが。
遺言書どおりに遺産分割を執行してほしい。

〔取扱例〕

※実際に取り扱った事件の事例とは限りません。

●無料法律相談による手続きの説明
当事務所は、相続手続きに関するお客様の疑問を解消するため、きめ細かな説明を実施しております。まずは、無料法律相談をお気軽にご利用下さい。
●遺言書作成
遺言は、法律で形式が厳格に定められており、それと異なる形式で遺言書を作成しても、遺言としては無効になってしまいます。当事務所は、お客様のニーズに合わせて、法律上有効な遺言書を作成する支援をしています。
●遺言執行者
遺言書どおりに遺言を執行するため、相続人とは別の中立的な第三者として、当事務所は遺言執行者としての業務を実施しています。
ケース:発生後
相続手続きが難しくて理解できない。
相続人同士で争っており、
なんとかしてほしい。
相続によって財産を受け取れるものと考えていたら、借金を相続することになってしまった。
遺産分割がまとまらない。
遺言により相続人から除外されたけれども、何とか相続する方法はないか。
生前に絶交されたが、これは相続からも排除されたということなのか。
遺言書の内容に疑問がある。
相続人であることを後から知った。

〔取扱例〕

※実際に取り扱った事件の事例とは限りません。

●遺産分割協議
当事務所は、相続人間の紛争の初期段階から介入することで、依頼者の方の利益を最大限に確保するよう努めております。
●相続放棄
相続した内容が借金である場合に、これを引き継がないためには、一定期間内に相続放棄をする必要があります。
●遺留分減殺請求
遺言により相続から排除された方でも、遺留分を主張することで一定額の財産を相続することができます。
特に遺産に関する争いは、親族間の争いである以上、当事者のみで話し合っても、かえって感情的な激しい争いとなってしまう可能性が高いため、早めに弁護士を起用することをお勧めします。
  • PDF
  • PDF

お問い合わせ