八千代佐倉総合法律事務所は、離婚・相続・交通事故・債務整理・不動産取引・示談交渉・刑事事件・労働・訴訟・独占禁止法、M&A等の企業法務を得意としております。
弁護士が、八千代市・佐倉市・印西市・船橋市・茨城県鹿嶋市にお住いのお客様中心にご相談にのらせていただきます。お気軽にお問合せ、ご相談ください。

12/29(木)~1/4(水)は、年末年始休業期間となります。

個人のトラブル相談

家族のトラブル

  • 相続遺言
  • 離婚
  • DV
  • 成年後見・補佐~

家族外の対人トラブル

  • 未婚男女トラブル
  • ストーカー

家族外のお金や土地のトラブル

  • 金銭トラブル
  • 借 金
  • 不動産売買
  • 賃貸借

事故のトラブル

  • 交通事故に遭った
  • 交通事故を起こした
  • 他人の物を壊してしまった
  • 自分の物を壊されてしまった
  • ペットを傷つけられてしまった

社会生活のトラブル

  • 労働問題
  • 刑事事件(加害者・被害者)
  • 契約書の内容
  • 裁判所や相手方からの請求や訴状

無料相談受付中

他の法律専門職との違い

法律問題に関連する職業には、弁護士の他に行政書士と司法書士が存在します。
しかし、行政書士と司法書士については、担当することができる業務範囲には法律上の制限があります。よってお客様のトラブルによっては、行政書士や司法書士によっては解決することができないものも多数存在します。
私が経験した実例には、過払金が数百万円発生していたにもかかわらず、ある司法書士が債務整理を行った結果、司法書士の代理権が認められる法律上の上限額である140万円のみの返還で貸金業者と和解をされてしまったケースがありました。この結果、依頼者が本来得られるべき数百万円の過払金を放棄する羽目になったというものもありました。
したがって、絶対に140 万円以下のものであると断言できない紛争や、地方裁判所や家庭裁判所が管轄する手続(破産や離婚など)の事件については、弁護士に依頼されることをお勧めします。
なお、当事務所では、登記手続や会社設立手続など、弁護士よりもむしろ司法書士や行政書士の方が経験豊富な分野の事件や、費用面で司法書士等が担当することがより適切であると判断した事件については、当事務所が信頼する司法書士や行政書士を無料でお客様に紹介しております。

代理権の重要性

紛争の額が140 万円を超える見込みの事件や、地方裁判所や家庭裁判所で取り扱う事件については、司法書士や行政書士には、お客様を代理する法律上の権限がありません。代理権が認められない案件においては、お客様ご本人が裁判所等に出頭して法律上の主張をする必要があるほか、相手方との和解交渉もお客様自ら行わざるを得ず、難解で煩雑な手続きをお客様自らおこなうことになります。さらに問題なのは、例えば消滅時効の主張など、法律家であれば当然するような主張をお客様がしないことにより、お客様が損害を被る可能性があることです。それだけ、代理権は重要なのです。下の表をご覧ください。弁護士・司法書士及び行政書士のそれぞれについて法律上の代理権が認められるものは〇のついた部分だけです

弁護士・司法書士・行政書士の職務権限

職務権限 弁護士 司法書士 行政書士
紛争の対象の金額が140 万円以下の場合の簡易裁判所における訴訟手続の代理など ×
紛争の対象の金額が140 万円を超える場合の訴訟手続の代理など × ×
債務整理や交通事故などにおける和解交渉の代理など
但し140 万円以内の
ものに限る
×
離婚調停や破産申立の代理人など × ×
弁護士・行政書士・司法書士の仕事分野

紛争の金額が140 万円を超える紛争については、弁護士のみが処理できます。

あらゆる紛争の代理権(代理人の行為が直接本人に法律効果を生じさせうる法律上の地位または資格)が認められています。

司法書士に依頼した後、紛争の金銭的価値が140 万円を超えることが判明した場合には、さらに弁護士に依頼することになり、お客様が弁護士と司法書士に支払う費用の総額は、最初から弁護士のみに依頼していた場合と比べて、どうしても高くなってしまいます。

弁護士・行政書士・司法書士の仕事分野

司法書士は紛争の金額が140万円以下のものについてのみ代理権が認められています。

140 万円以下の紛争であっても、司法書士は、地方裁判所や家庭裁判所が管轄する事件の代理権を持たないため、司法書士は、破産申立の代理や離婚調停の代理を法律上当然には行うことはできません。

弁護士・行政書士・司法書士の仕事分野

行政書士には代理権は認められていません。

遺言など、当事者間において争いが発生していないものについてのみ書類の作成ができます。当事者間で現に争いが生じているものは取り扱うことができません。
たとえば、当事者間で争いが生じている離婚事件において、相手方に対し条件交渉を行うことなどはできません。

お問い合わせ